カテゴリー別アーカイブ: Git

HerokuがWindowsで使えないときの対処法

PythonのDjangoに興味があり、Django Girls Tutorialというサイトを見てTutorialをやってみました。

Tutorialでは、Djangoの使い方の紹介とともに、Herokuでアプリを公開することもレッスンに含まれています。

そこで、はまったことを紹介します。

SSHキーの保存場所

heroku keys:add で作成される公開キーの保存場所は、C:/Users/(your name)/.ssh/id_rsa.pubです。MSYS2のMinGW 64-bitを使っていたのですが、MSYS2のホームディレクトリにある~/.ssh/のキーが使われませんでした。

Gitでheroku CLIのものを使う場合

heroku CLIというherokuコマンドを含むtoolがあるのですが、一緒にGitもインストールされます。最初MSYS2のgitをつかってgit push heroku masterしても、usernameとpasswordを聞かれてしまいすんなりとpushできません。

heroku loginでEmailとPasswordを聞かれてログインしているはずですが、認識していません。

結局heroku CLIでインストールされたGitを使うとusernameが聞かれなくなりました。

MSYS2のGitを使う場合は_netrcを.netrcにコピーする

heroku loginで認証したときのユーザー名やパスワードの情報は、ホームディレクトリの~/_netrcというファイルに保存されているようです。

MSYS2のGitを使えないか試してみて、ホームディレクトリの~/_netrc を~/.netrcにコピーすると使えることがわかりました。Heroku CLIのGitも使いたいときは_netをそのままにしておいた方がいいようです。

Pythonのバージョンとpsycopg2のバージョン

MSYS2のPythonは、3.4.5です。Django Girls Tutorialでは3.5.2を指定するよう書かれているので、runtime.txtに書いてgit pushしてみましたが、エラーで動きません。

エラーはpsycopg2をインストールするときに出て、ImportError: No module named 'six'となっています。

remote:            Traceback (most recent call last):
remote:              File "<string>", line 1, in <module>
remote:              File "/tmp/pip-build-799m2cq_/psycopg2/setup.py", line 583, in <module>
remote:                ext_modules=ext)
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/core.py", line 148, in setup
remote:                dist.run_commands()
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/dist.py", line 955, in run_commands
remote:                self.run_command(cmd)
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/dist.py", line 974, in run_command
remote:                cmd_obj.run()
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/site-packages/setuptools/command/install.py", line 61, in run
remote:                return orig.install.run(self)
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/command/install.py", line 551, in run
remote:                self.run_command(cmd_name)
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/cmd.py", line 313, in run_command
remote:                self.distribution.run_command(command)
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/distutils/dist.py", line 974, in run_command
remote:                cmd_obj.run()
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/site-packages/setuptools/command/install_scripts.py", line 17, in run
remote:                import setuptools.command.easy_install as ei
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/site-packages/setuptools/command/easy_install.py", line 49, in <module>
remote:                from setuptools.py27compat import rmtree_safe
remote:              File "/app/.heroku/python/lib/python3.5/site-packages/setuptools/py27compat.py", line 7, in <module>
remote:                import six
remote:            ImportError: No module named 'six'
remote:
remote:            ----------------------------------------
remote:          Rolling back uninstall of psycopg2
remote:        Command "/app/.heroku/python/bin/python -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/tmp/pip-build-799m2cq_/psycopg2/setup.py';f=getattr(tokenize, 'open', open)(__file__);code=f.read().replace('\r\n', '\n');f.close();exec(compile(code, __file__, 'exec'))" install --record /tmp/pip-dpg0rw8e-record/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile" failed with error code 1 in /tmp/pip-build-799m2cq_/psycopg2/
remote:  !     Push rejected, failed to compile Python app.
remote:
remote:  !     Push failed

仕方がないので、sixをrequirements.txtに加えましたがエラーのままです。

runtime.txtの設定でpython-3.4.5をにしてみると、pipのインストールでエラーになります。No such file or directoryだそうです。
pythonのバージョンを下げるのは得策ではないようです。

remote: -----> Installing requirements with pip
remote:        /app/tmp/buildpacks/779a8bbfbbe7e1b715476c0b23fc63a2103b3e4131eda558669aba8fb5e6e05682419376144189b29beb5dee6d7626b4d3385edb0954bffea6c67d8cf622fd51/bin/steps/pip-install: line 7: /app/.heroku/python/bin/pip: No such file or directory
remote:  !     Push rejected, failed to compile Python app.
remote:
remote:  !     Push failed

pythonを3.6.1にしてもpsycopg2のエラーは変わりませんでした。

Django Girls Tutorialではpsycopg2のバージョンは、2.5.4を指定するようになっています。これを2.6や2.6.1にしてもエラーは変わりませんでした。

いろいろ試してみて結局psycopg2のバージョンを2.7.1にあげることでデプロイが成功しました。pythonのバージョンは、3.5.2と3.6.1のどちらでもよかったです。

requirements.txt

dj-database-url==0.4.2
Django==1.11
gunicorn==19.7.1
pytz==2017.2
whitenoise==3.3.0
psycopg2==2.7.1

Pythonを始めると、virutalenvやvenvといった仮想環境を使ってモジュールのバージョン管理をすることが推奨されていますが、バージョンが合わないとアプリケーションが動かなくなることが納得できました。

Herokuがうまく動かないときの情報が検索してもあまり出てこないので本当に困りました。