クラウド・オブジェクトストレージ

「ビジネス2.0」の視点さんの記事で知ったのですが、Cloudian HyperStoreというストレージの紹介がビデオでされています。

そこで面白かったのが、ヒットするIT製品には次のような価値が提供されているそうです。日経の記者さんの話だそうです。

  • 多く扱える
  • 速く使える
  • 安くできる
  • 安全になる

この4つの価値に沿って、ソフトの紹介がされています。

この視点は、他のソフトウェアやサービスでも使えそうですね。

「多く、速く、安く、安心」がIT市場を変革。クラウド・オブジェクトストレージ 採用相次ぐ背景

Microsoft自習書シリーズ

Microsoft自習シリーズが公開されていて、Microsoft Azureの使い方が解説されています。
基本的な使い方がスクリーンショットを豊富に使って説明されています。
1度目を通すといいのではないかと思います。

具体的なユースケースと、料金や支払い方法は、スライドシリーズの方がわかりやすいです。

Microsoft Azure 自習書シリーズの公開

Microsoft Azure スライドシリーズの公開

Ubuntu OpenStack installer

OpenStackを簡単にインストールする方法としては、DevStack、PackStackという方法があります。
UbuntuからもOpenStack installerというものがでてるそうです。

どれくらい簡単なのだろうと見ていたら、推奨スペックが載っていました。

  • 仮想化支援機能がついた8コアのCPU
  • 12GバイトのRAM
  • 20Gバイト程度のHDD

なのだそうです。なんと8コア!ゲストOSを一緒に動かそうとするとコア数は多いほうがいいのですかね。

記事の中では、ConoHaの4コアのサーバーを借りて確認しています。
インストールした後の設定にも触れています。

自分で試す場合は、AMDの8コアでも組まないとだめでしょうか。

第341回 OpenStack環境を30分で構築する

3D CAD 仮想化

3D CADのデスクトップ仮想化が紹介されています。

伊藤忠テクノソリューションズで日立建機へのVDI導入について紹介されています。
業務のグローバル化でデスクトップ仮想化が必要になったのだそうです。
設計データを集中して管理することで、コストやセキュリティーに役立つのは知りませんでした。

シスコやシトリックスといった企業と協力したそうですが、まだノウハウが必要ということでしょうか。

手軽に試せるといいですね。

設計環境のグローバル化を加速させる、デスクトップ仮想化

MySQLのインデックスチューニング

MySQLのインデックスをチューニングする話が紹介されています。

リレーショナルデータベースのデータ操作には、インデックスをつけることで動作を軽くすることができます。
では、何をインデックスに指定すればいいのかは、結構難しい問題です。

この問題をログをとって、判断する方法が説明されています。
データベースへの問い合わせをする命令との関係があって、複雑なようですね。

MySQLチューニングの初歩的な知識としてどうぞ。

MySQL初心者に贈るインデックスチューニングのポイントまとめ2014

WindowsでImmutable Infrastructureを実現

Immutable Infrastructureとは、サーバーを管理する方法の1つです。

今までサーバーを立ち上げるときは、

  • ハードウェアを用意
  • OSをインストール
  • Apacheなどのアプリケーションをインストール
  • サービスの設定をする

をして初めてサービスとして公開できたわけです。

サーバを管理するときの問題は、OSやアプリケーションのバージョンやアップデート、設定値をどうしたかが複雑になってしまうことでした。

そこで、インストールや設定を最初にやったらもう環境はいじらないで、変更する場合は最初から作り直してしまおうという方法がでてきました。これを、Immutable Infrastructureといいます。

仮想化や、Chefなどの自動設定ツールが普及し、クラウドなどのサーバーの管理をソフトウェアでできるようになったからできるようになった方法です。

Linuxでの開発が進んでいるのですが、Windowsでもやってしまう方法が紹介されています。

Windowsの管理はレジストリなどあって大変だと思うのですが、ソフトウェアは何でもできてしまうんだなというのを感じさせる記事になっています。

最終回 Windows on AWS EC2でImmutable Infrastructure

VMwareの戦略

VMwareの戦略が載っています。
DockerやOpenStackと共存していく方向だそうです。

OpenStackとの提携では、ESXiをOpenStackの上で動かすのだそうです。ハイブリッドクラウドで使うときに必要になるものだと思います。

Dockerは主要なベンダーがサポートしていますね。なるべく、ベンダーの囲い込みに左右されない方向での努力がなされているみたいですね。

ハイブリッドクラウドとかどれくらい使われることになるのでしょうか。

DockerともOpenStackとも手を組む VMwareの生き残り戦略