Hyper-VやWSL2との共存に対応したVMware Workstationのプレビューが発表

Pocket

2020年春公開予定のWindows 10で、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が装備されます。

VMware Workstationは対応していないため、WSL2と同時実行できないことが問題。

VMwareが対応するVMware Workstaionのプレビューを公開しています。

VMware Workstation Tech Preview 20H1 - Hyper-V/Host VBS Support

必要な条件は、ソフトウェアは、

Windows 10 20H1 from Windows insider program.
Minimum build number: 19041

ハードウェアは、

Intel Haswell or newer CPU
AMD Bulldozer or newer CPU

です。

Windows insider programが必要ということで、簡単に試すことができませんが、開発が進んでいることがわかります。

できれば、VMware Workstation Playerでも対応してもらえるとありがたいですね。

すごく期待しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください