OS自作入門12日目

Pocket

問題のタイマのお話。ちょっと、QEMUの内部まで見てみようと思う。
PCには、PIT(Programmable Interval Timer)とRTC(Real Time Clock)というタイマに関するものが2つあって、それぞれirq 0とirq 8につながれている。
RTCには、日時の情報とかがあるみたいです。
Hariboteのクロックを実際の時間と比べると、少し遅い。1分で4秒くらい遅くなります。なぜ?
PITを1msで割り込みを発生しようと、count=1193=0x04a9を入れてみると、タイマは少し速くなりますけど、1.6倍くらいにしかなりません。QEMUのタイマには限界があるのかな。
WinXPホストのクロックを起動したりすると、hariboteのクロックが一瞬停止したりするのが見れる。Kqemu/Qvm86を使ったときにフリーズしてしまうのはこんなのが関係しているのだろうか。
WinNTは、RTCを見て時計の較正をしているそうです。Win2k/XPも同じなんだろうか。どんな較正なのかわからないですけどね。
Windows上のQEMUではtimeSetEventというマルチメディアタイマを使っていますけど、1msを刻むことはどうやってやっているのでしょう。
なんか、疑問ばかり。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください