OpenStackでできること、変わること

Pocket

OpenStackのセミナーの様子が報告されています。

「分かる、できる、本当に使える、OpenStack超入門」セミナーリポート~ユーザー、ベンダーが本音で語った「できること、変わること」~ (1/3)

報告をピックアップしてみると次のようになります。

バージョンアップは負担になる。まずは使ってみること。

コスト意識は大切。OpenStack APIが使えればベンダーロックインは避けられる。

小さく始めて大きく育てること。

とにかく自動化すること。とにかくテストすること。手動で行わないことが大切です。

バージョンアップの問題は実例がそろい出したところです。

企業文化を変えることが必要です。

導入にはそれなりに学習コストがかかることが分かります。企業文化を変えることも思わぬ障害になるかもしれません。今まで慣れてきた「動いているものは触るな」という文化にはそぐわないものですので。まずは使ってみることというのが一番初めにやることかなという気がします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*