最近開発されたハイパーバイザー

Pocket

PhoronixというニュースサイトでBareflankというハイパーバイザーが開発されていることを知りました。

調べていくと、最近いろいろなハイパーバイザーが開発されているようです。今回はそれを紹介します。

ハイパーバイザー

Bareflank

セキュリティーなどに応用するためのプロトタイプを目的とする。C++、STLで書かれている。ユニットテストが完備されていて、Coveralls、Travis CI、Astyleが使われていて、Coverity、Clang Tidy、Google's Sanitizersといったところでコードを分析している。

サポートするのは、SandyBrdge以降のCPU。
ホストOSは、
Ubuntu 16.10
Debian Stretch
Fedora 25, 24
OpenSUSE Leap 42.2
Windows 10
Windows 8.1

少しソースコードを見ると、WindowsホストではCygwinでカーネルドライバーを作るようになっていたり、self signをできるようにしていたりと本格的です。

シンプルなハイパーバイザーを目指しているようです。機能を拡張する方法があるようで、次の2つが挙げられています。

Extended APIs

BareflankにVPIDとかMSR bitmapにアクセスするためのAPIなどを提供するもの。

Hyperkernel

他の人が自分のハイパーバイザーを開発できるように、Bareflankのサポートソフトとして開発されている。

MoRE

Windows 7 32-bit で、CPUコアは1、メモリ2GBで動作。WinDDKを使っている。3年前に開発が止まっているようです。

SimpleVisor

Intel x64/EM64T VT-xで動く、シンプルなハイパーバイザー。アセンブリコードは10行、ホストのハイパージャックとアンハイパージャックをサポート。ホストの状態を仮想化できるそうです。EPTとVPIDをサポート。WindowsとUEFI環境で動くそうです。Cのコードは500行、総コード数1700行だとか。

VisualStudio 2015 Update 3で作られる。ミニマルなハイパーバイザーを目指しているそうです。

HyperPlatform

Intel VT-x上でのハイパーバイザー。rootkitや、侵入検知システム、Windowsカーネルのリバースエンジニアリングを目的とする。

Visual Studio Community 2015 Update 3、Windows SDK、Windows Driver Kitで作られる。

ksm

Cで書かれた軽量なx64ハイパーバイザー。WindowsとLinuxホストサポート。WindowsではMinGWを使っています。

まとめ

どれもゲストOSを動かすというより、セキュリティ分野での応用を目指しているようです。CPUのVT-x機能を使う方法など、勉強したい方にはコードが簡単でいいのではないかと思います。VirtualBox、Xen、KVMといったプログラムのコードは複雑ですので。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください