Bionic as a Service

Pocket

「600万ドルの男」というテレビの番組を覚えていますか。僕は、「バイオニックジェミー」の方の印象が強いのですが。だいぶ年配の方でないと見たことはないでしょうけど、スティーブ・オースティンという宇宙飛行士が着陸の失敗で、目や手足を機械に置き換えたサイボーグとして活躍するテレビシリーズでした。

そんな夢物語が、だんだんと現実になってきているということが記事になっていました。

Bionic as a Service

最近では、心拍数や血圧をクラウドのデータベースにアップロードすることがされていますよね。そういうのが、現実化の1歩ではないかと。

Intelligenceという番組は、脳にチップを埋め込んでインターネットからテレビからあらゆる情報にアクセスできるという番組だそうです。これも、脳に埋め込むことは遠い話かもしれないけれど、Google Glassができていることを考えると、そう遠い話しでもないかも。

頭の中で話しかけると、Siriが答えるのも夢でないかも。

AI as a Serviceとしては、IBMがWatsonというシステムをクラウドに持ち込んでいるそうです。

そんな楽しい記事になっていました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください