QNAPの仮想化技術がいいかも

Pocket

ネットワークストレージQNAP TS-231+を使って、LAMPサーバーを立てると簡単で便利という話が載ってます。

2017年を振り返る。前半はAMD vs Intel、後半は2018年に向けての助走の年!?

仮想化の方法としては、LXCとDockerを組み合わせているそうです。メジャーなソフトであればDockerのイメージがあるのでそれを使うようです。

QNAP TS-231+はメモリが1GBしかないのですが、使いものになるようです。コンテナ型の仮想化のいいところですね。

気をつけないといけないことは、QNAP TS-231+はCPUがARMなので、ARM版のDockerイメージがないと使えません。それと、Dockerのイメージを作ってもVPSやクラウドに展開することができません。Dockerを使っていることで、安定性が気になります。開発目的なら問題ないでしょうか。

Amazonで調べたら、QNAP TS-231Pという方が新しいようです。QNAPのサイトを見るとContainer Stationも使えるようです。久しぶりに欲しいなと思ったのですが、最近プログラム開発をやっていないですし、しばらく様子見ですかね。自分で動かして安定性が知りたいですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*