IntelのHardware Accelerated Execution Managerがオープンソースになっていた

Pocket

スマホのAndroidのプログラム開発で、アクセラレーターとして使われているIntel Hardware Accelerated Execution Manager(HAXM)ですが、QEMUでも使えるようになっています。Windowsホストでアクセラレートできるのがいいですね。

これが、昨年2017年の11月にオープンソースになって公開されていました。QEMUのメーリングリストにはメールが出されていました。気づかなかった。

ライセンスは、BSD 3-Clause Licenseです。

作るには、Enterprise WDK 10かVisualStudioとSDK、WDKを使うようになっています。

ソースコードを見てみたのですが、自分が少しプログラムとは離れていたせいで、読めなくなっていました。どうしましょ。

ともあれ、ソースコードが公開されたことは今後にとって良かったのではないでしょうか。

QEMUでHAXMを使う手順が次のところに載っています。

Accelerating QEMU on Windows with HAXM

興味がある方はお試しください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*