VirtualBox 6.0.8にアップデート

Pocket

VirtualBoxを5.2.30から6.0.8にアップデートした。

Ubuntu 16.04ゲストでGuestAdditionsをインストールすると、起動途中の壁紙が出たところで画面がちらついたまま安定せず、デスクトップが出てきません。設定のディスプレイで、3Dアクセラレーションを有効化をオフにしたら安定して使えるようになりました。

CentOS 7.6ゲストでは初めから3Dアクセラレーションはチェックされてなくて問題は起きませんでした。

なお、VirtualBox 6.0.4以前にUbuntuをインストールしようとすると、マウスカーソルが表示されなくなる問題が起きているそうです。以下のように設定のディスプレイでグラフィックコントローラーをVBoxVGAにして、システムのポインティングデバイスをUSBタブレットにすると回避できるそうです。

VirtualBox 6.0で作成した仮想マシンにCentOSをインストールしようとするとマウスカーソルが表示されない問題への対処

こちらで、VirtualBox 6.0.8にUbuntu 18.04をインストールしても、マウスカーソルは消えなかったです。でも、VirtualBoxを終了して、VMware Player 15.1.0を使ったときに問題が発生しました。VMware Player 15.1.0の画面をリサイズすると追随してくれなくて、右と下が切れてしまいます。位置もずれて強制的に終了するしかありません。

VirtualBox 6.0.8のUbuntu 18.04の設定で、ディスプレイのグラフィックスコントローラーをVMSVGAになっていたところを、VBoxVGAにしたところ、VMware Playerの変な挙動は直りました。VirtualBoxのグラフィックコントローラーのVMSVGAは、バグを持っている感じがします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*