VirtualBox 5.0RC2が登場

Pocket

VirtualBox 5.0のリリースが間近のようです。

VirtualBox 5.0リリース間近、RC2が登場。準仮想化でWindowsやLinuxの性能向上、USB 3.0対応など

準仮想化に対応ということで少し調べてみました。

準仮想化インターフェースという設定項目ができた。

Xenのように準仮想化のカーネルを動かすかと思ったけどそうでないようです。

マニュアルを読んでみると、ゲストOSの準仮想化機能にインターフェースを提供してエミュレーションの精度を上げるもののようです。

デフォルト、Legacy、Minimal、Hyper-V、KVMと選択項目があります。

デフォルトだと、ゲストOSのタイプによって変わります。

MinimalはTSC(タイムスタンプカウンター)とAPICの周波数をゲストOSに提供する。MacOSに推奨。

KVMだと、Linuxカーネル2.6.25以上で、準仮想化クロックとSMPスピンロックを提供する。Linuxに推奨。

Hyper-VだとWindows 7以上で、準仮想化クロック、APICの周波数の通知、タイマーのチェックの緩和。WindowsとFreeBSDに推奨。

Legacyだと何もやらないのか記述がないです。

ゲストOSの時間の問題は複雑でパフォーマンスにも大きな影響があったので、その改善に役立つのではないでしょうか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください