Ruby on Railsはバージョン管理が大変

Pocket

Ruby on Railsチュートリアルをやり始めました。開発環境は、Ruby 2.4.0p0[x64-mingw32] + MSYS2です。

ちなみに、これまでRuby 2.4.0ではRailsがインストールできませんでした。nokogiri 1.7.2がRuby 2.3系しか対応していなかったためです。

2017/6/5になってnokogiri 1.8.0がリリースされてようやくインストールできるようになりました。

チュートリアルをやり始めてすぐエラーが出ました。

key must be 32 bytes

ということで、こちらの情報をもとにRailsを5.0.1に変更しました。

でも、これでHerokuにデプロイしてみるとH20(App boot timeout)というエラーになります。起動に時間がかかりすぎているというエラーです。

そこで、Railsのバージョンを5.0.3にしました。すると、普通に起動するようになりました。

Gemfile

gem 'Rails', '5.0.3'

また、rails testでエラーになります。こちらの情報をもとにminitestを5.10.1に指定しました。

minitestの5.10.2でtestが動作しないときに試すこと

これで、とりあえず動いています。

なんだか、少しバージョンが違っただけで動いたり動かなかったりするんですね。

このほかにも、win32consoleを入れた方がいいというメッセージが出て入れてみたりしました。rails testの時に色がつくそうです。

Herokuにデプロイしてみると、Windowsで作られたGemfile.lockは使えませんということで、作り直してくれているようです。RubyをWindowsで使うのはなかなか難しいなと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*